製品紹介

中島工機ホーム > 製品紹介 > 締結部品 > 高強度ステンレスボルト BUMAX > BUMAX耐熱特性

BUMAX耐熱特性

SUH660耐熱鋼と同等の性能

SUS304/SUS316は通常400℃まで使用可能ですが、BUMAXは50%アップの 600℃まで使用可能です。マルテンサイト系材料を熱処理することで強度を高めたステンレスボルトでは、最高使用温度をBUMAXの3分の1の200℃に 設定しています。ここでもBUMAXはあらゆるステンレスボルトに比べ抜群の耐熱性を発揮します。

 

温度別留耐力の変化と比較

(単位:%)

材料名\温度℃
100
200
300
400
500
600
耐熱温度
A2-50(SUS304)
85
80
75
70
450-500℃
A4-70(SUS316)
85
80
75
70
450-500℃
BUMAX 88
90
90
85
80
75
70
600 ℃
BUMAX 109
95
95
95
90
90
85
600 ℃

 

 ボルト材料の鋼は温度が上昇すると反対に機械的特性は減少するなど、使用温度に大きな影響を受けます。上図はBUMAXの特性である高温・低温下での優れた機械的特性の試験結果です。これは室温耐力の残留耐力が温度の上昇と共にどう変化するかを表にしたものです。 クリープ強度:A4-316 約450℃ BUMAX 約550℃

 

衝撃強度特性

 温度別衝撃強度の変化と比較  (衝撃値J)

材料名/温度
20
-50.0
-100
-140.0
-196
A4-70
96.9
91.9
84.5
80.5
73.4
BUMAX88
79.5
74.5
69
60
47.4
BUMAX109
36
34
32.9
31
29.5

 

 一 般の低合金鋼は低温状態では非常にもろくなりますが、オーステナイト鋼はその靭性を失わず、極低温下での使用も可能です。低温で機能するボルト材料の評 価は低温衝撃強度試験によって行われますが、上の表は実際のねじ製品を使った試験結果です。一般に引張強度が増すと、反対に衝撃強度は低下しますが、 BUMAX88及び109は高強度ボルトでありながら、低温下での衝撃強度の極端な劣化は発生せず、むしろ同一強度クラスの合金鋼よりも優れていると言え ます。

製品のお問い合わせやお見積もり、資料請求など、下記よりお気軽にお問い合わせ下さい。

TEL:03-3452-5664

受付時間:8:30~17:30 (土・日・祝日休業)

受付時間外、土・日・祝日の場合は、メールでお問い合わせください。

メールでのお問い合わせはこちら
製品紹介

締結部品

切削工具

研削工具

手動工具

電動工具

マテハン

工作機器・機構部品

空圧・油圧製品

検査・測定機器

化学製品

その他

デジタルカタログ

通販サイトJASTAN TOOL

お問い合わせはこちら
製品のお問い合わせやお見積もり資料請求など、下記よりお気軽にお問い合わせ下さい。
TEL:03-3452-5664
受付時間:8:30~17:30 (土・日・祝日休業)
メールでのお問い合わせ
  • お客様の困ったを解決!
  • 環境への取り組み
  • 求人情報

モノづくり検索サイト オレンジブック.com

モノづくり検索サイト オレンジブック.comは下記画像リンクよりご覧いただけます。

モノづくり検索サイト オレンジブック.com

会員登録用カタログコード:A6875092203

オレンジブック.com掲載商品は、『MR.Orange』にてご購入いただけます。
MR.Orangeを初めてご利用される方は、下記のご利用ガイドをご覧ください。
(音声付の為、音量に注意してください)

  • JASTAN TOOL
  • デジタルカタログ
  • 修理工房
このページの先頭へ